無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
過去記事
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
にほんブログ村 地域生活ブログへ

2017年08月21日

【資材販売のおはなし】・・・「ポリ袋のこんな業者に要注意です!!」

「ポリ袋のこんな業者には要注意!」


●「ポリ袋などフィルム製品について知識がない・・・」

単なる代理店や販売店の場合などは
担当者や販売員なども素材や機能についてが
知識が不足している場合などがよくあります。

「ポリ袋、ビニール袋なんて、どれも同じ」という認識ですと

「中身を保護するための包装」という本来の目的を忘れて
お客様や担当者様の意思や用途にあわないものを
強引に勧めてきたりする。

しかし、「保護包装」を怠ったために結果として大きなクレームや
製品不良が起こってしまったという例が非常に多いのが
作業現場や事業所などで起きているというのが実態なんです。


●「厚みを薄くしようとする・・・」


普通・・・フィルムやポリ袋というのは厚いほど強度が
増すので破れにくくなる。その反面でフィルムや
ポリ袋の厚みが厚いということは樹脂原料が多くなり
価格が高くなることになります。
包装コストを軽減するためにはフィルムを薄くするのが効果的ですが
あまりに薄くしすぎると強度の不足につながり・・・
破袋の原因となります。


見た目の価格は確かにフィルムが薄いほうが安い・・・
「薄すぎてフィルムが破れたから中身が故障してしまった」と
いうことが起こったら本末転倒だと思うのです。
保護包装の観点からは、「薄すぎる」ことのリスクを把握する必要があります。



<10年後消える仕事…> オックスフォード大学や統計データから予測 10年後食えなくなる仕事を無料ビデオで公開 http://directlink.jp/tracking/af/1392601/U98l5jil/

Posted by 兵庫県姫路市の資材販売&梱包作業等のメンバー大募集中@大塩商店 at 18:14│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。